毎日が発見ネット - ワラウ

賞味期限が先の商品を選んでない? 家計にも環境にも効果的!「食品ロス」問題で私たちができること

2022年11月18日

  • 国内の食品ロスは年間522万トン。世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の年間食料支援量の1.2倍に相当します。今回は、office 3.11 代表 食品ロス問題 ジャーナリストの井出留美(いで・るみ)さんに、「食品ロス問題」ついてお聞きしました。


    pixta_34110450_S.jpg


    今年に入って物価の上昇が続いています。


    食品も例外ではなく、日々の買い物時に頭を悩ませることもしばしば。


    しかしその半面、見落とされがちなのが、食べられるのに廃棄されてしまう「食品ロス」の問題です。


    実は国内の食品ロスは年間522万トン(※)にも及ぶというのです。


    これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の年間食料支援量の1.2倍に相当します。


    食品ロス問題に詳しい井出留美さんは、「これは社会、環境、経済にとって大きな問題です。廃棄食品を運搬して焼却するには、多大なエネルギーとお金が必要です。そのお金には、一部税金も使われています。食品ロスを減らせば、環境への負荷も軽減できますし、税金を別の教育や福祉の分野に回せます」と話します。

    続きを読む