ワラウ

「釣書をだせ!」「実家が借家ではダメだ!」私の結婚に大騒ぎして口出しする親戚たちに唖然...

2022年1月10日

  • <この体験記を書いた人>


    ペンネーム:タヌ子
    性別:女
    年齢:50
    プロフィール:21年前に結婚。子どもはおらず夫と義母の三人で生活。週3~4日は働いています。


    NO1_私が結婚したときにはいろいろとうるさかった親戚たち。いとこたちはなぜこんなに自由なの?線画.jpg


    私が職場で出会ったマナブさん(現在50代)と結婚したのは21年前です。


    この頃は今思い出しても大変でした。


    それは、私の母方の親戚たちがいろいろと口を出してきたからです。


    私の母の実家は昔は立派な旧家で、明治時代には家政婦さんが大勢いるような家だったそうです。


    母方の祖母などは過去の栄光を誇りに思っているような人で、母も叔父や叔母たちも、恋愛結婚などもってのほか、という感じだったそうです。


    そんな中、私は2000年に職場で出会った人と結婚を決めたのですが、そのときは母方の祖母、叔父、叔母らが大騒ぎでした。


    同世代のいとこたちのなかでは最年長だった私の結婚が、いわば一族で初めての恋愛結婚だったからです。


    職場で出会って共通の上司に当日の媒酌人もお願いしているというのに、祖母、叔父、叔母たちは、見合いのときのような「釣書」「身上書」「親族・家族書」などを用意しないと信用できないと言い出しました。

    続きを読む