毎日が発見ネット - ワラウ

大切な友人の死。あれが「最後の別れ」になってしまうなんて...彼女から学んだ「大事なこと」【漫画】

2022年9月21日

  • 「大切な人と別れるとき、私は次に会うときまで元気でいてほしい、そしてまた会いたい。そんな思いを込めながら相手が見えなくなるまで手を振るようにしています。それを教えてくれた私の大切な友人はこの世にいませんが、素敵な思い出として胸に刻まれています」
    親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?


    c.jpg


    現在私は51歳の会社員。


    この51年間で2度、大切な友人との死別を経験しています。


    一度目の別れは 30年前、私が21歳、友人は29歳でした。


    私が大学入試に落ちて予備校に通った19歳の頃のことです。


    予備校に通い始めて1カ月ほどたった頃、いつも食堂の窓際や自習室で、1人で静かに勉強している彼女に出会いました。


    高校を出たばかりの私を含めた一般的な女子は群れたがるけれど、彼女は自ら1人を選んで、意図的に気配を消しているようにも見えました。

    続きを読む