毎日が発見ネット - ワラウ

大好きな人にいっぱい甘えてから天国へ...愛犬の「最期の思いやり」に涙が止まらない【漫画】

2022年9月23日

  • 「大好きな人には、弱った姿よりも元気な姿を覚えておいてほしい。自分もそうありたいと思わせてくれたのは、17年間、一緒に暮らした愛犬ユキでした。ご飯も食べられず、散歩にも行けないくらい弱っていたのに、大好きな息子に子犬のように甘え、その翌日に静かに息を引き取ったユキ。愛情にあふれた君と暮らせて、私たちも幸せだったよ...」
    親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?


    sum.png


    我が家の愛犬ユキは、17歳で旅立ちました。


    亡くなる直前の2020年の暮れ、かなり様子がおかしくなりました。


    「おいユキ、どうした? ほれ、散歩だぞ」


    いつもは散歩用のリードを見るだけで小屋から飛び出してくるのに、面倒くさそうに見やっただけで動こうとしません。

    続きを読む