毎日が発見ネット - ワラウ

25歳の若さで天国へ。白血病と闘った大好きな幼馴染に、今伝えたいことは...【漫画】

2022年9月21日

  • 「自分が亡くなったとき、大切な人たちに何を残せるかな...。20代で早世した幼馴染のことを思い出すたびに、そんなことを考えます。憎まれ口ばかり叩いていたけれど、家族や友人思いで憎めない人でした。彼の大切な妹さんは、今では立派な母親になっています。このことを彼に伝え、一緒に喜びたいな...なんて考える今日この頃です」
    親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?


    #259-1.png


    #259-2.png


    その後、治療のかいがあり、A君は高校へ進学し、就職しました。


    私も就職して地元を離れていたのですが、心のどこかで「もう、大丈夫」と思い込んでいました。


    ところが、今から23年前、私が28歳のとき、A君は病状が悪化し25歳の若さで天国に旅立ってしまったのです。

    続きを読む