毎日が発見ネット - ワラウ

姑が脳梗塞で入院してから1年。コロナで会えない中、彼女が頑張る理由は.../ゆらりゆうら

2022年9月19日

  • 訪問介護士として働きながら、介護のあれこれを、綴っています、ゆらりゆうらと申します。


    【前回】持病が悪化してあの世へ...「訪問介護ヘルパー人生」で初の利用者さんとの思い出


    【最初から読む】アラフィフ専業主婦が姑&小姑の態度に一念発起!ヘルパーおかん誕生


    同居27年目の姑が倒れて一年。


    コロナ禍は、収まることもなく、直接会える日は程遠いように思えます...。


    会える日を信じてる1 (1).jpg会える日を信じてる2.jpg


    本当は1カ月ももたないと思っていたのですが、すごい生命力で頑張ってくれています。


    そんな姿に、漫画で姑っちのことを知る方々からも、たくさんのエールをいただいています。


    姑っちは、きっと、家族の思いや、そんな多くの方々のエールを、しっかり受けとめて...会える日を信じてるのだと思います。


    ゆらりゆうら



    ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

    ※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
    ※記事に使用している画像はイメージです。

  • 記事一覧に戻る